OBS大分放送

大分県内の不登校の児童生徒数が過去最多に

大分県内の小中学校で不登校の児童生徒は2020年度、あわせて1900人を超え、統計開始以来最も多くなりました。新型コロナによる環境の変化も一因とみられています。2020年度の児童生徒の問題行動や不登校などに関する調査結果が公表されました。大分県内の不登校の児童生徒は、小学校で前の年より60人増え618人、中学校で89人増えて1374人でいずれも1998年の統計開始以来最も多くなりました。大分県教育委員会は新型コロナによる休校や生活環境の変化などが影響している可能性もあるとみています。

(県教育委員会 学校安全・安心支援課・蓑田祐二課長)「生活環境の変化が例年よりあったのかな。少し生活が乱れやすい状況であるとか、教育活動がいろんな制限がある中で、少し登校意欲がわきにくいといった状況もあるのではないか」

一方、2020年度のいじめの認知件数は、小学校で8054件、中学校で1456件などとなり、いずれも前の年より大幅に減少しています。大分県教委は休校などで授業日数が少なかったことや差別や偏見をなくす教育の成果とみてきめ細かな取り組みを継続したいとしています。

2021/10/13(水)のOBS大分放送ニュース
  • OBS大分放送
  • OBSニュース
  • OBSテレビ
  • OBSラジオ
  • OBSイベント
  • 株式会社大分放送
情報をお寄せください

あなたの周りの出来事・情報、社会に対する疑問・意見などをOBS報道部へお寄せください。

©2021  Oita Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.