小学生がジオパーク観光ガイドに英語で挑戦

豊後大野市の観光資源ジオパークの魅力を小学生が英語で紹介する外国人向けのガイドツアーが始まりました。

ジオパークツアーのガイドを務めるのは菅尾小学校の5、6年生です。

児童は、半年間かけて英語と手話を用いたガイドの練習に取り組んできました。

19日はAPUの留学生を招いて初めてのツアーが開催され、阿蘇山の火砕流が固まった石を使い江戸時代に造られた虹潤橋など4か所で児童がガイドを披露しました。

豊後大野市はこのツアーが外国人観光客呼び込みとともに、子どもたちの英語力向上につながればと期待を寄せています。

2020/10/19(月)のOBS大分放送ニュース