新型コロナ14人感染 帰省者の家族や知人も

県内で新型コロナウイルスに12日新たに14人の感染が判明。

感染者の累計は852人に上り、重症者は11日から1人増え5人となっています。

感染が確認されたのは中津市で5人、杵築市で3人、大分市と別府市、それに津久見市でそれぞれ2人となっています。

これで県内の感染者数の累計は852人となりました。

また、重症者は11日から1人増え、5人となっています。

県によりますと感染が確認された14人のうち男女5人が年末年始にかけての帰省関連だということです。

県は感染拡大地域から来県した人との会食は慎重に判断してほしいと呼びかけています。

このほか、クラスターが発生した臼杵市のグループホーム無量寿の入所者や職員23人に対してPCR検査を実施した結果、全員の陰性が確認されています。

2021/01/12(火)のOBS大分放送ニュース