新型コロナ男子児童ら2人感染

新型コロナウイルスに県内で国東市の男子児童ら2人の感染が新たに確認されました。

いずれも感染経路はわかっていません。

感染が判明したのは大分市内に住む40代の自営業の男性と国東市の10代の男子児童です。

このうち男子児童は今月20日に発症し現在のどの痛みがあるということです。

いずれも感染経路はわかっておらず県が濃厚接触者らについて調査しています。

県内では10日連続で感染者が10人未満となり県は落ち着いてきているものの気を緩めることなく感染対策を徹底するよう呼びかけています。

県内では現在重症者はおらず病床使用率は11・2パーセントと1か月前の29・5パーセントから18・3ポイント減少しています。

2021/02/23(火)のOBS大分放送ニュース