GW残り2日 釣りやサイクリングにぎわう

ゴールデンウイークは終盤に入り、コロナ禍とあって県内では釣りやサイクリングなどアウトドアの人気が高まっています。

コロナ禍で迎えた今年のゴールデンウイーク、大分市佐賀関の漁港では好天に恵まれた4日、午前中から多くの家族連れが魚釣りを楽しんでいました。

大分市の「釣具のまつき光吉店」では2万点以上のアイテムが並び、今ファミリー向けの商品の売れ行きが好調だといいます。

一方、中津市耶馬渓町の耶馬渓サイクリングターミナルでは多くの利用客がレンタサイクルを楽しんでいます。

約36キロにわたり整備されているメイプル耶馬サイクリングロードではこの時期、木々の新緑を楽しむことができます。

残りわずかとなった今年のゴールデンウイーク、コロナ禍だからこそいつもとは違うアウトドアを楽しむ人が増えてきています。

2021/05/04(火)のOBS大分放送ニュース