熊本県境の杖立温泉でこいのぼりが泳ぐ

こどもの日を前に大分県と熊本県にまたがる杖立温泉ではおよそ3000匹のこいのぼりが大空を優雅に泳いでいます。

1800年以上の歴史をもつ杖立温泉は大分と熊本の県境にあり、『湯治の街』として多くの人に親しまれています。

温泉街を流れる杖立川には、毎年子どもの日に合わせたこの時期におよそ3000匹のこいのぼりが大空を泳ぎます。

新型コロナの影響で、イベントなどは中止となりましたが、「少しでも明るい話題を届けたい」という思いから、今年も地元の人たちがこいのぼりを掲げました。

季節の風景を前に、地元の小学生たちが、スケッチに取り組んでいました。

杖立温泉のこいのぼりは、今月9日まで楽しむことができます。

2021/05/04(火)のOBS大分放送ニュース