トレンドキャッチ 5月9日 アイスクリームの日

ここからはトピック+のコーナーです。

水曜日はトレンドキャッチ、5月9日は母の日でもありますが、実は「アイスクリーム」の日なんです。

業界団体がおいしくなる季節に合わせて設定しています。

コロナ禍で人気が高まっているアイス事情を取材しました。

幅広い世代に人気のアイスクリーム。

総務省の家計調査によりますと、去年のアイスクリームの年間支出金額は、初めて1万円を超え、過去最高となりました。

背景にはコロナ禍の巣ごもり重要が大きく影響しているといいます。

大手アイスクリーム専門店の「サーティーワン」はテイクアウト需要をにらみ今年4月に新商品を発売。

一つずつカップに入っているためお皿が不要な「バラエティボックス」です。

巣ごもり需要に合わせて、個別保存もしやすくなっています。

32種類のフレーバーの中からおススメを紹介してもらいました。

人気ナンバーワンはミントとチョコレートの風味が楽しめる「ポッピングシャワー」。

続いて、女性に人気なのがラズベリーの甘酸っぱさが広がる「ラブポーションサーティーワン」。

そして、先週登場したばかり、濃厚な塩キャラメルの味わいが特徴のフレーバーも注目です。

つづいては、由布市の湯平温泉のアイスクリーム。

コロナ禍で落ち込む観光業を盛り上げようと、女将さんたちが試行錯誤を繰り返して作ったこだわりの一品です。

5人の女将が旬の食材を使って手作りするアイスクリーム。

アイスの種類はおよそ20種類。

湯平温泉街の商店などで販売され、各旅館ではデザートとしても提供されています。

SNS映えを意識したアイスクリームも登場しています。

大分市古国府にある、スイーツ専門店では去年からソフトクリームの販売をスタート。

SNSを中心に話題となっています。

人気の秘密はフルーツたっぷりの見た目のインパクトです。

いまの時期は「県産ベリーツ」が登場。

カスタードとクリームを重ね、アイスを流し込み、最後にベリーツを盛り付けたら完成です。

コロナ禍の癒しを求めて華やかなソフトクリームの人気は高まっています。

オーナー礒辺さんは、味はもちろん、写真を撮って嬉しくなるようなスイーツ作りに励みたいと話します。

2021/05/05(水)のOBS大分放送ニュース