オオバとミツバ消費回復へ 家庭レシピ提案【大分】

新型コロナの影響で飲食店での需要が低迷しているオオバやミツバの消費を回復しようと16日、大分県庁で家庭で手軽に作れる料理が披露されました。

JAおおいた中部事業部の大葉部会とみつば部会は家庭での消費を増やそうとお手軽料理レシピの考案に取り組んでいます。

16日は生産者やレシピを開発した婦人部のメンバーらが大分県庁を訪れ広瀬知事にオオバとミツバのメニューを披露しました。広瀬知事は新型コロナで消費が落ち込んでいる現状について説明を受け「大葉の太巻き寿司」や「みつばの出汁巻き卵」など4つのメニューを試食しました。

(広瀬知事)「おいしいです。涼やかな感じがする。」

オオバとミツバのお手軽料理レシピはJAおおいたと大分県のホームページに公開されていて、生産者は消費回復に向け販路を広げていきたいとしています。

2021/07/16(金)のOBS大分放送ニュース