東京五輪・ウクライナのフェンシング代表チームが大分県日田市で事前キャンプ

東京オリンピック・フェンシング競技のウクライナ代表が日田市で事前キャンプを開始しました。オリンピックの事前キャンプのため日田市に到着したのは、フェンシング・エペとサーブル競技に出場するウクライナ代表選手団21人です。練習開始を前に18日、歓迎式典が行われ、原田啓介市長が「オリンピックでの活躍を願い全力でサポートします」とあいさつしました。選手団には地元フェンシングチームの子どもたちによる応援の寄せ書きや記念グッズが贈られました。ウクライナ代表チームはすでに日田市入りしている日本代表チームと7月21日まで合同練習を続け、オリンピック本番にのぞみます。

2021/07/18(日)のOBS大分放送ニュース