日田なし旬入り宣言 甘みの強い「幸水」初出荷【大分】

大分県日田市特産の梨が今年も出荷時期を迎えたことから7月19日「旬入り式」が行われ、甘みののった幸水が初出荷されました。梨の産地、大分県日田市では梨の品種「幸水」が出荷時期を迎えるこの時期に毎年「旬入り式」を開催しています。7月19日は日田梨選果場に関係者が集まり旬入り宣言が行われました。今年の幸水は梅雨入りしたあと雨が少なかったことから例年に比べ小ぶりなものが目立つ一方、甘みが強くおいしく仕上がっているということです。

(JAおおいた日田梨部会・梶原智俊部会長)「シャキシャキ感が強く甘みが十分のっています。是非、みなさんには甘くてミネラルたっぷりの日田梨を味わっていただきたい」

JAおおいた日田梨部会梶原智俊部会長「シャキシャキ感が強く甘みが十分のっています。是非、みなさんには甘くてミネラルたっぷりの日田梨を味わっていただきたい」日田梨は旬入りした幸水をはじめこれから、20世紀、豊水、秋月などの品種が続き平年並みの2700トンの出荷が見込まれています。

2021/07/19(月)のOBS大分放送ニュース