高校野球大分県大会準々決勝

夏の高校野球県大会は7月20日から準々決勝に入り、ベスト4をかけて2試合が行われました。

第1試合は、優勝候補筆頭の明豊と第3シードの柳ヶ浦が対戦。

明豊は2回表。3番・宮崎の満塁ホームランが飛び出し一挙、5点を挙げます。

6回には4番・米田、9回には6番・幸がソロホームラン、明豊が10安打9得点で柳ヶ浦を突き放し、ベスト4へ駒を進めました。

第2試合は、藤蔭と大分商業のシード校対決。互いに一歩も譲らず、試合は1−1で延長戦に入ります。

11回表、大分商業は2アウト3塁で2番・仲石。ショート後方へ上がった打球がタイムリーとなり、大分商業が勝ち越しに成功します。

しかしその裏、藤蔭はノーアウト2塁1塁の

チャンスで4番・原田。主砲のレフト前タイムリーで同点に追いつきます。

さらにサヨナラのチャンスで、5番・高倉。

レフト前にしぶとく運び、藤蔭が3−2と逆転サヨナラでベスト4進出を決めました。

(大分商業三代主将)「これで本当に終わったのかという悔しさが(負けた)瞬間に来ました」「最後まで自分をキャプテンにしてくれてありがとうなど前向きな言葉をかけたいです」

(藤蔭立山主将)「チーム全体がまだ負ける気がしていなかったので逆転できて良かったです。自分たちは一年間明豊高校を倒すためにやってきたので次の明豊高校を倒すことだけを考えていきたいです」

2021/07/20(火)のOBS大分放送ニュース