大分県内で新たに男性2人が新型コロナ感染

大分県内で22日新たに10代と30代の男性2人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

感染が確認されたのは大分市に住む男性会社員(30代)と大分県別府市に住む男子学生(10代)の2人です。

このうち大分県別府市の男子学生は発症直前に県外を訪れていたことから、県外で感染したとみられています。この男子学生と一緒に県外に滞在していた知人ら25人が濃厚接触者と判断され、検査が進められています。

一方、大分市の男性会社員は感染経路がわかっていませんが、インド型の変異ウイルス「デルタ株」のスクリーニング検査は陰性でした。男子学生についてはデルタ株かどうか検査が実施されています。

7月22日から連休が始まり多くの医療機関が休診することから、大分県は体調に少しでも異変がある場合は受診相談センターに早めに相談するよう呼びかけています。

電話番号(097ー506ー2755)

2021/07/22(木)のOBS大分放送ニュース