父親の殺人未遂で51歳の男を逮捕【大分】

大分市の住宅で22日、父親の胸を包丁で刺し殺害しようとした疑いで51歳の男が現行犯逮捕されました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、大分市に住む無職の男(51)です。警察によりますと男は22日午前6時半ごろ、大分市の自宅で同居している父親(84)の胸を包丁で刺し殺害しようとした疑いが持たれています。刺された父親は軽いけがを負いました。男は「父の腹を刺した」と110番通報し、駆け付けた警察官が現行犯逮捕しました。

取り調べに対し男は刺したことは認めているものの、殺意は否認しているということです。警察は男の言動などから刑事責任能力を問えるかを含めて慎重に捜査を進めています。

2021/07/22(木)のOBS大分放送ニュース