OBS大分放送

ドラフト 大分県から4人指名 喜びあふれる

10月11日に行われたドラフト会議で県関係では4人の選手が指名され、夢のプロ野球へ喜びの声が聞かれました。ドラフト開始から2時間半、大分県関係で一番最後の指名となったのは、ソフトバンクから育成12位の指名を受けた、大分商業の主砲・三代祥貴内野手。多くの部員に囲まれて祝福を受けました。

(三代祥貴内野手)「指名していただいて感謝の気持ちでいっぱいです。選手層が厚く競争も厳しい球団だと思うので自分も出遅れないように今まで以上に練習して頑張っていきたいと思います」

11日は大分県豊後大野市から両親も駆けつけ、喜びの瞬間を分かち合いました。

横浜から6位で指名を受けたのは、大分雄城台高校出身の神奈川大学4年・梶原昂希外野手。走攻守3拍子そろった大型外野手です。(梶原昂希外野手)「最終的には日本を代表するプロ野球選手というのが目標の一つなので大分の高校球児や大分出身、大分からプロ野球を目指す選手に夢を与えられたらと思います」

このほか高校生では、大分県日出町出身で福岡・九州国際大附属の柳川大晟投手が日本ハムから育成3位指名。

(柳川大晟投手)「一日でも早く支配下に上がって日本を代表するようなピッチャーになりたいです。」

また、春夏連続で甲子園に出場した明豊のエース・京本眞投手は巨人から育成7位で指名を受けました。

(京本眞投手)「プロの世界に行くまでの期間が大切だと思うのでその期間を大切にして2年目3年目というところで1軍の舞台に立てるようにこれからもしっかり練習していきたいと思います」

4人は1軍入りを目指してこれから厳しいプロの世界へ進みます。

2021/10/12(火)のOBS大分放送ニュース
  • OBS大分放送
  • OBSニュース
  • OBSテレビ
  • OBSラジオ
  • OBSイベント
  • 株式会社大分放送
情報をお寄せください

あなたの周りの出来事・情報、社会に対する疑問・意見などをOBS報道部へお寄せください。

©2021  Oita Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.