OBS大分放送

大分県日田市の木材市場で初セリ

日田中央木材市場でも11日初競りが行われ、スギやヒノキが高値で取り引きされました。

11日は製材業者およそ150社が参加し、大分県内で伐採されたスギやヒノキなどに次々と値を付け落札していきました。2021年から続くウッドショックによって1立方メートルあたりの平均取引価格はスギが1万3000円台、ヒノキが2万3000円台と、例年より3割以上高値で取引されています。

(日田中央木材市場 諫本憲司社長)「昨今、国産材に対する期待が大きく、必要性や重要性などの認識が広まってきたので、そこそこ良い年になってくるのではと期待している」

生産者は「ブランドを守りながら、安定供給に取り組んでいきたい」と話しています。

2022/01/11(火)のOBS大分放送ニュース
  • OBS大分放送
  • OBSニュース
  • OBSテレビ
  • OBSラジオ
  • OBSイベント
  • 株式会社大分放送
情報をお寄せください

あなたの周りの出来事・情報、社会に対する疑問・意見などをOBS報道部へお寄せください。

©2022  Oita Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.