OBS大分放送

大学共通テストや県立高校入試も救済策【大分】

新型コロナの感染急拡大を受けて15日から実施される大学入学共通テストをはじめ3月の大分県立高校入試も対応を迫られています。

大学入学共通テストは今度の土日、15日と16日に、追試験は1月29日と30日の日程で実施されます。文部科学省は12日夜、救済の対象として本試験と追試験を受けられなかった理由がともに新型コロナの影響による場合とどちらかが新型コロナで一方がインフルエンザやけがなどやむをえないケースが含まれると発表しました。その際、医師の診断書の提出や濃厚接触者と伝えられた保健所の名称などの申告を求めるとしています。このように共通テストを受験できなかった受験生について国は個別入試の結果のみで合否判定するように各大学に要請していますが大分大学はまだ具体的な対応を決めておらず今後検討するとしています。

一方、3月8日と9日に実施される大分県立高校の一般入試。大分県教委は新型コロナの感染や感染が疑われ、PCR検査の結果待ちで受験できない受験生を考慮し、振替受験日を3月23日に設定しています。さらに、おととい文部科学省から受験機会を確保するよう要請を受け、大分県教委は今後、振替受験日を新たに追加することを検討するとしています。

(大分県教委 高校教育課・戸上健治参事)「通常の手洗いやうがい感染対策を徹底してもらいたい。受け入れる学校側も万全の対策を取って安心安全に受験できるようにやっていきたい」

感染が広がる中、大分県教委は予防対策を講じて受験に臨んでもらいたいとしています。

2022/01/13(木)のOBS大分放送ニュース
  • OBS大分放送
  • OBSニュース
  • OBSテレビ
  • OBSラジオ
  • OBSイベント
  • 株式会社大分放送
情報をお寄せください

あなたの周りの出来事・情報、社会に対する疑問・意見などをOBS報道部へお寄せください。

©2022  Oita Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.