OBSニュース

聖火リレー会場に密集対策の目隠し幕設置へ

県内で今週の23日と24日に開催される東京オリンピックの聖火リレーで、密集を防ぐため大分市のセレモニー会場に仕切り幕が設置されることになりました。

聖火の到着地点として24日にセレモニーが予定されている大分市の祝祭の広場では、周囲に高さ3メートルの目隠し用の幕を張る作業が始まりました。

県の実行委員会が会場周辺の密集や混乱を避けるために設置を決めたもので、費用はおよそ130万円です。

祝祭の広場に入ることができるのは事前に抽選で選ばれた230人だけとなります。

聖火リレーは全国的には各地で一時、密集状態になるケースも散見されていて、県の実行委員会では安心・安全が第一として、基本的にはネット配信で楽しんでほしいと呼びかけています。

2021/04/20(火)のOBS大分放送ニュース