あいにくの雨も子どもたちが連休最終日満喫

連休最終日のこどもの日、午前中はあいにくの雨となりましたが、県内の行楽地は子どもたちの元気な姿がみられました。

午前中、あいにくの雨となった連休最終日。

今年30周年を迎える日出町のハーモニーランドでは開園と同時に家族連れが訪れ、屋内でのショーやアトラクションを楽しみました。

晴れ間がのぞいた午後、大分市の水族館・うみたまごには県内客を中心に多くの家族連れが訪れ、優雅に泳ぐ魚やセイウチのショーを満喫しました。

またゴールデンウイーク限定のイベント・クジラのエサやり体験は行列が一時、出来るほどの人気ぶりでした。

コロナ禍で迎えたゴールデンウイーク。

各行楽施設の入場者数は激減していて、本来のにぎわいを取り戻すには相当の時間がかかる見通しです。

2021/05/05(水)のOBS大分放送ニュース