自民党穴見議員が「まん延防止」破りで役職停止【大分】

大分1区選出の穴見陽一衆議院議員が東京都が要請する基準を超え酒類を伴う会食をしていたとして党の役職を停止されました。

事務所などによりますと自民党の穴見議員は7月8日、都内の和食居酒屋で外食チェーンの会長らと5人でおよそ3時間にわたり会食をしたということです。東京都には当時「まん延防止措置」が適用されていて、酒類の提供は2人までで90分以内とするよう都が要請していました。

自民党の二階幹事長は15日、穴見議員の役職を当面の間停止する処分を下しました。党の労政局次長などを務めている穴見議員は大分1区選出の現在3期目で、今期限りでの引退をすでに表明しています。

2021/07/16(金)のOBS大分放送ニュース