【スクールTV】別府鶴見丘高校 新体操

頑張っている若者を応援する「スクールTV」です。今回は、全国大会5回の優勝を誇る別府鶴見丘高校の新体操部を紹介します。

全国高校総体、団体種目2回の優勝をはじめ全国大会で5度優勝の実績を誇る別府鶴見丘高校の新体操部。大分県高校総体の個人総合で優勝したキャプテンの今山さんに話を聞きました。

しなやかな体の動きが求められる「新体操競技」。体の柔らかさは必須です。ここからは、新体操の4つの道具を使った種目を見せてもらいます。

まずはボールから!今山さんにボールを使った演技を見せてもらいました。ボールを高く投げる事でしなやかさにダイナミックさが加わるのもこの種目の魅力です。

技を見せてくれたのは金澤さん。2本を操るクラブは集中力と巧みな操作テクニックが必要な種目です。

続いては「フープ」。直径80センチと大きなフープはダイナミックな表現が魅力です。河野アナもフープの交換技を体験しますが…。

そして、より高度なフープの交換を2年生の高さんと1年生の佐藤さんに披露してもらいました。お互いのフープがぶつからないよう、投げる高さやタイミングを合わせるのが難しい技です。

そして4つ目の種目「リボン」です。長さ6メートル。鮮やかなリボンの流れるような動きとしなやかで美しい体の動きがマッチして見る人を惹きつける人気の種目です。

最後にフープとクラブを使った4人での演技を披露してもらいました!一瞬一瞬の美しさを意識して躍動感のある演技を追い求めるのが別府鶴見丘高校新体操部の伝統です。

2021/07/20(火)のOBS大分放送ニュース