大分県宇佐市で住宅全焼 住人の男性がやけど

22日早朝大分県宇佐市で住宅を全焼する火事があり、住んでいた男性が逃げる際にやけどを負いました。

22日午前3時半すぎ宇佐市畑田の無職大森政彦さん(66)の住宅から出火しました。火はおよそ2時間後に消し止められましたが、この火事で木造2階建ての住宅およそ300平方メートルが全焼し、大森さんは腕などにやけどを負って病院に運ばれました。また隣の家の雨どいなども焼けました。

大森さんは1人暮らしで、警察によりますと火に気付いて目覚め、自分で消そうとしたももの燃え広がり、隣の家に助けを求めに行ったと話しているということです。

警察は火は住宅の中から出たとみて大森さんから詳しい話をきき、原因について調べています。

2021/07/22(木)のOBS大分放送ニュース